ひなたぼっこしながら、本読んだり、考え事したり・・。


by hinahina-bocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

咲いた、咲いた。

一応、、、ちょこちょこと花を植えてます。
ガーデニングなんて、おしゃれなものではありません・・(^^;)。計画性もなく、そのとき目についたものをテキトーに植え付けて楽しんでいる感じです。

d0030668_9132570.jpg

現在、そんな我が家の玄関先を飾っているのが、日々草&宿根バーベナの寄せ植え。
バーベナは一度花ガラを摘み取って以来、一昨日ぐらいからまた次々と咲き出して来ました。
玄関は北側であまり日当たりはよくないだけに、赤いバーベナは暑いこの時期でもなんか元気をくれるみたいで、ちょっとうれしい(^^) 日々草の白いスッキリとした花も朝目にすると気分いい♪

ちなみに南側がリビングから降りる形でネコのヒタイ(=庭、とも言う^^;)になってます。
そちらにもいくつかの植物が成育中ですので、人様にお見せできる状態になったら、UPします(笑)
[PR]
by hinahina-bocco | 2005-06-28 09:24 | etc.

しりとりブーム。

ひらがな・カタカナの読み書きに夢中な娘の現在のマイ・ブーム。

道具がいらない、どこでもできる、時間もさほどかからない、アタマの体操(?)・・一石数鳥だわ!(^^)と思い、私もちょこちょこ相手してあげてます。

6歳児の実力なんてたかが知れているので、(でも手加減せず・・^^;)たいてい娘が『降参~!』となるんですが、親もびっくりな彼女のボキャブラ。

ま→まくらカバー(・・「まくら」じゃダメなの?)
ち→ちくわぶ(・・食べたこともないじゃん。なんで知ってんのぉ?)
み→みかんがり(・・す、するどい。よく「みかん」と言い切らなかったね)

もっとフツーな単語(りんご、ごりら・・)でのしりとりが子供っぽいかわいらしさがあっていいなぁーと思うのに、たまにツボにはまる珍解答が飛び出すので、思わずこっちが降参しそうになったりもして・・(笑)
日常会話のやりとりはすっかり1人前。油断するとするどいツッコミ入れられます。(^^;)
[PR]
by hinahina-bocco | 2005-06-22 15:28 | family

ストレスカイショウ!

今日は飲みに行きます(^^)!

○○さんの送別会とか歓迎会とかの名目は一切なし。気の合うトモダチと2人だけで、「たまにはしっぽり、ゆっくりしゃべ&飲み(+食べ)しよ!」ってことで、たま~~にやります。

普段はなかなか会えないけど、忙しい日々の中でたまったストレスがそろそろ限界かも~!?てなったときには、どちらからともなく「飲もっか!」という声が出されて、スケジュール調整・実行、となります。

夕方から飲み(しゃべり)始めて、1軒で4~5時間ネバってしまうこともあったりして(^^;)。
仕事のこと、家のこと、自分のこと・・、今日はどんな話が繰り広げられるのか? おいしいお酒やお料理にも出会えるといいなぁ。。。
[PR]
by hinahina-bocco | 2005-06-17 08:35 | hitori-goto

ぼちぼち。

d0030668_14375618.jpg
最近オープンした、お好み焼き屋さん(大阪風)に行きました。お店の名前が『ぼちぼち』といいます。

昭和30年代の街並みチックな雰囲気。各テーブルに鉄板はありますが、店員さんが焼いてくれたものを保温する程度のものなので、焼きながら食べる楽しみはありませんが、定番のお好み焼き・ねぎ焼きのほか、ドリンク類やオリジナルのお料理も豊富でgood!

キムチとすじ塩(牛スジとキャベツの塩炒め)がおいしかった~(^^)
d0030668_14544753.jpg

注)お好み焼きと焼きそば(注文を受けてから麺を固ゆでしてくれる!)もとってもおいしかったです!・・あっと言う間に食べてしまい、写真を撮る余裕もナシ(^^;)
[PR]
by hinahina-bocco | 2005-06-15 14:54 | my favorites
もうすぐ公開(・・すでにされてるかな?)の映画の原作。
テレビで予告編を見て、「本、読みた~い!」と思うワタクシ(^^;)。

ピアニストとしての前途を絶たれた主人公が、知的障害を持つ少女とともに訪れた地で起きる『奇蹟』。

映画で見るときっと奇跡的な色合いが強くなるのかな・・と勝手に想像しながら読みました。
ヒトのココロ(意識)が入れ替わるという、ちょっと現実味には欠けるストーリーですが、俳優さんの表情やしぐさで表現される心の動きが、文章だと細かい部分までよくわかります。
脳の構造や知的障害に関する情報などが随所に折り込まれており、文庫本にしてはちょっと厚めなほうですが、後半部分はどんどん読み進んじゃいました。

映画も見てみたくなります・・。
[PR]
by hinahina-bocco | 2005-06-09 15:48 | books

オコラナイデネ・・。

昨日、5月31日はワタシの実母の命日でした。
昭和53年だったから・・、もう27年にもなるんですねぇ。。
現在の母とも20年以上のお付き合いなので、ほんとにお母さんが2人いるみたいで、ちょっぴりうれしかったりもして(^^;)。

当時のワタシは5歳。幼稚園の途中ぐらいまでは元気な母の姿の記憶もありますが、とにかく『コワイ(=厳しい)』方でした(^^;)。一緒に遊んだり、お出かけしたり(・・してたんだろうけど)したことより、「自分のことは、自分でしなさい!」と小さいながらに言われたことを鮮明に憶えています。

今、元気なら64歳。
う~ん、、どんなばあちゃんになっていたかな?ワタシも今とは違った人生かも知れないな・・。
どっちにしても、キビシク怒られていそう(^^;)。でも、やっぱり孫には甘いかな??
この歳になって、いろいろ話したいな~と思うことがたっくさんです。
[PR]
by hinahina-bocco | 2005-06-01 12:09 | hitori-goto