ひなたぼっこしながら、本読んだり、考え事したり・・。


by hinahina-bocco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10/28(日) 鎌倉へ。

とってもいいお天気だったので、鎌倉散策に行ってきました。
八幡様は結婚式、七五三、国内外の観光客でいっぱいでした!

d0030668_16455673.jpg


最近、テレビなどでよく紹介されていた、「こ寿々」でお昼ごはん。
お蕎麦とわらび餅が美味でした。
店内に入るのに30分くらい待ち、お腹すいてあっと言う間に食べてしまい写真も撮れず・・(^^;)。

小町通りも人でにぎわっており、お煎餅屋さんやお漬物屋さんをのぞきながら、試食の嵐(笑)
銭洗弁天まで行ってみようかとも思いましたが、どこも人でいっぱいのようなので、断念。

代わりと言っては何ですが、雪ノ下カトリック教会でバザーをやっていたので、ちょこっと
お邪魔しました。チャペルも一般公開してたので、入らせていただきました。
教会オタクなワタシにとっては、とっても幸運なこと!
教会内の売店で、マリア様を型取ったメダイに出会い、「お守りに・・」と購入。

神社と教会をハシゴなんて不謹慎かも知れませんが(^^;)、それぞれに神聖な空気を
感じてきました。

数年ぶりの鎌倉、実はワタシにとってのパワースポットなのです♪
[PR]
by hinahina-bocco | 2007-10-31 16:55 | odekade
学校以外の習いごとは、現在進研ゼミのみのムスメ。
しかし、最近、『じいじ先生』と『ばあば先生』のお教室がスタート。

じいじ先生は、絵画と水泳。
絵画は先生自身が描きたくなったときにご一緒させてもらうカタチで。
水泳は、運動不足なじいじ&ばあばと、クロールで泳げるようになりたいムスメが、
週に一度、区の温水プールへ行くことに。

ばあば先生は、お習字とお料理。
お習字はまだまだ始めたばかりですが、お料理は以前からお手伝いがてら教えて
もらっていたようです。
昨日は結婚記念日ということもあって、力作が!
d0030668_9214110.jpg
← ハンバーグです(^^) おいしかった♪
夕食用と、今日の学校遠足用に大小5個ほど作ってくれました。
自宅に帰ってからも、おコメとぎやお味噌汁作りをお手伝い。


ワタシも子供の頃、これといった習い事もお稽古事もせずに過ごしてしまいましたが、
カギっ子だったワタシも、近所に住んでいた祖母にいろんなことを教えてもらいました。

日々の生活の中で、大切なこと。
お料理するときのちょっとした知恵とか、お裁縫とか・・、いわゆる『おばあちゃんの知恵』。
ちょっぴり迷信めいたものだったり、地方や家独特の習慣だったりすることもあるのだけど、
いろんなことが便利になった社会なのに、何か満たされないと感じるのって、きっとそういう部分なのかなぁ・・って思ったりします。

親子以上に一緒に過ごす時間が限られる、祖父母と孫の関係。
身近なところで、世代を超えてコミュニケーションし、学校や友達からは知りえないことを
どんどん吸収して行って欲しいと思います。

先生たちも教えることには不慣れですが、お互い、試行錯誤しながらやってくのも
また楽しいのかも知れません(^^)
[PR]
by hinahina-bocco | 2007-10-24 09:34 | family

結婚記念日 13回目。

今日は、13回目の結婚記念日です。
去年は・・偶然にも横浜でディナークルーズのお食事・・でしたっけ。

今年は、ど平日ですし、ダンナも不在ですし、ごく普通の1日となっております。
(会社もあるし ^^;)

単身赴任中のダンナの帰宅日は、月に何回とかってあえて決めていませんが、
勤務の都合、帰って来れないかな~と思っていた先週末帰宅したので、お気に入りの
お店でお食事しました♪
結婚記念日には、お店からハガキが届き、お食事をするとフルボトルのワインをプレゼントしてもらえるんです☆


10回目の記念日には結婚指輪をリニューアルしたので、15回目とか20回目とか、
また節目となる年にはこれ!といったイベントをしたいと思います(^^)。
今年と来年は・・、結婚記念日を忘れないように、ささやかながらお祝いができれば良いかな?


そんな感じで、気が付けば10数年。
山あり、谷あり、風変わりな夫婦は今日も続く・・・。
[PR]
by hinahina-bocco | 2007-10-23 11:01 | hitori-goto

中間報告。

4月から始めた、大学通信課程。
今年度半分を終えたところで、中間報告です。(・・というか、備忘録^^;)

07年前期に履修したのは、7科目。結果は・・
・評価A:3科目
・評価B:3科目
・評価F(=不合格):1科目 でした。
*不合格になった科目は、再度科目修得試験(後期)に挑戦します。

科目修得数で言えば、6勝1敗。
この手の勉強(通信教育;リポート提出&試験、スクーリング)で不合格になることって
珍しいことなのかも知れませんが(^^;)、ほぼ計画通りに学習が進んでいるので良しとしましょう。

年末あたりから、仕事面でプロジェクトの動きがいろいろ出てくる予定だったので、
前期にウェイトをおいて学習計画を立てていたので、後期に履修するのはスクーリングを
含めて5科目。
肝心なプロジェクトは一時頓挫しそうですが、予想外の業務分担変更で課内異動になったり、
仕事的にはあまり落ち着きそうがないので、合間を見ながらぼちぼち勉強もがんばりたいと
思います。

卒業後どうするかはまだ決めていません。
産業カウンセラーの資格取得や転職を含め、まだ具体的にどうしたいか?見えていない
のが現状です。
しかしながら、コミュニケーションやカウンセリングマインドについて勉強することは、
日常生活にとても役に立っていると実感しています。
特に、ムスメと接して行くにあたり、ついつい感情的になりがちな親としての心情をいったん
横に置いて、「まずは話を聞こう」という姿勢を持つことを心がけられるようになった・・気がします。

資格や肩書きという目に見えるカタチにはなり得ないかも知れませんが、
自分の中で学んだことをこれからの糧にできるように、いろんなことを吸収して行けるように、
アタマとココロ(カラダもか?)の柔軟性を保ちたいと思います。
[PR]
by hinahina-bocco | 2007-10-05 08:54 | school life

今どきのコドモたち?

今週月曜日の話です。
同じクラスのA子ちゃんのおばあちゃんから、電話があったそうです。

内容は、
・ムスメが、「~しろ」とか「~しなよ!」とか友達に対して、命令口調である。
・自分に都合が悪くなるとシクシク泣き出し、そばにいる子があたかもいじめたかのように
見える。
・やたらに仕切りたがり、わがまま、勝気・・、子供のみならず、親御さんも振り回されている。

と言うのだ。

ムスメに話を聞いたところ、命令口調を使ったことも、シクシク泣き出すことも認めた。
(仕切りやとか、わがままであるという認識は薄い模様・・)

おばあさまからの話によると、月曜日に起きた出来事はこういうこと。

月曜日。
放課後に遊ぶ約束はしていなかったのだが、帰り際にムスメがA子ちゃんに
「帰ったら電話しろ」と言った(らしい)。
A子ちゃんは言われたとおり、ムスメ(ワタシの実家である祖父母宅)に電話をしたが、
ムスメは他の友達と遊ぶと言って、すでに不在だった。
それをそばで見ていたおばあさまは、(過去にも同様のことがあったそうで)身勝手な
ムスメの言動にご立腹され、顔見知りであるムスメの祖母(=ワタシの母)に電話をしてきた。


相手の怒りは、ごもっともである。
「何でうちの子が、見下されたような扱いを受けなきゃいけないの!?」といったところだろう。
ムスメに悪気がなかったにしろ、相手に不快な思いをさせたのは事実。
ワタシからもお詫びの電話を入れた。

おばあさまなりに、ムスメの言動(ワタシも含めていたようだが)が鼻についていたらしい。
1時間近く、不平不満をぶちまけられた。。。

反論とまでは言わずとも、相手の思い過ごしでは??と思うところもいくつかあったが、
それを指摘するのは火に油なので、まずは今起きている火を鎮めることに専念。
とりあえず、これまで言いたかったことを言えて、少しはスッキリされている・・と思う。


肝心のムスメと言えば。
その日の電話のくだりで相手が怒っていることはわかったが、それ以前のことについては
記憶が曖昧で、反省すべきポイントがボケまくっている様子。

おばあさまの話、A子ちゃんの話、ムスメの話、どれも嘘はない(・・と信じたい・・)だろうが、
すべてが事実でもないと思う。おばあさまの話にしても、A子ちゃんをかわいいと思う気持ち、
ムスメの言動を不快に思う気持ちから、ワタシに伝える段階ではそこに主観が入っているから。


とにかく、今できること。
A子ちゃんを始め何人かのお友達や、お母さんたちに不快な思いをさせたのは事実。
その一端がムスメであるならば、直すべきところは直さなきゃ。
命令するつもりはなくても、相手がそう受け取るならそうしたのと同じ。

『自分がされていやなことは、相手にしない』
『良いことも、悪いことも、人にしたことは、いずれ自分に返ってくる』

ムスメにはそう言い聞かせて、しばらく様子を見ることにした。


それにしても、子供同士のトラブルに親がどうやって、どこまで介入したらいいものか。
本音を言えば、今回のことも子供同士で解決できたんじゃないかと思わなくもない。

今どきのコドモたち。
実は、それを取り巻く大人たちが、子供同士の関係も複雑にしてしまってるのかも・・。
[PR]
by hinahina-bocco | 2007-10-04 16:16 | family